安い買い物じゃないからこそ!冷蔵庫の失敗しない選び方を紹介

冷蔵庫を選ぶ際にまず気にしないといけないのが、家族の人数と冷蔵庫の容量の目安になってきます。店員さんにもまずここを質問されます。

家族一人に必要な容量を70L前後で考えて、この数値に家族の人数を掛けていきます。家族以外に常備品を入れることを考えて100Lを足して、予備用に70Lも加えておくと、容量に余裕が出来るのでお勧めです。

冷蔵庫を選ぶ時の性能表などには、「定格内容積」と言う食品などの収納スペースがどれくらい入るのかの基準が載っています。

定格内容積で冷蔵庫の引き出しをどこまで出すことが出来るのかや、ペットボトルなどの高さがある物がどれくらい入るのかなどが決まるので、購入前には必ず確認するようにしてください。

冷蔵庫で定番なのが片開きのタイプの物で、ほとんどの場合は右に開く物が多いと思われていますが、左開きタイプの同じ型の冷蔵庫もあります。置く部屋の片側に壁がある場合には片開きのタイプを選ぶと良

いと思います。

両開きのタイプの物は左右どちらでも扉を開け閉めできることが可能なので、使い勝手もとてもいいのでおすすめです。

片開きの物と比べると扉が大きく開くので、扉の幅と同じぐらいのスペースが必要になります。買ってから後悔する人が結構いたりするので気をつけてください。

二枚に分かれた扉をそれぞれ左右に開け閉めして使うタイプの物は、フレンチドア(観音開き)と言います。

片側の半分だけで冷蔵庫の開け閉めが可能なので、他の物のタイプと比べると冷気が逃げにくいし、前の扉が省スペースで済みます。

冷蔵庫には電気の熱を放出するための隙間が必要になってきます。冷蔵庫を置く部屋の寸法を測定しておいて、放熱用の隙間をあらかじめ含めておいた、設置スペースを知っておく必要があります。

設置スペースまでの輸入通路もちゃんとあるのかどうか、事前に確認しておく必要があります。意外に見落とされがちですが、重要なので気をつけてください。

冷蔵庫はリビングに置くて家族で使う物になってくると、便利な機能がついている事も多いです。それらもふまえた上で購入を検討することをおすすめします。

立製氷室がある冷蔵庫は最近ではほとんどになってきています。氷を作るところが独立しているので、冷凍庫の食品などに影響が加わるのを避けれますし、開け閉めによる電気代も抑えることが出来ます。

ノンフロンの冷蔵庫は発砲断熱材に、オゾン層の破壊や地球環境負荷の原因になるといわれている、フロンガスを使用していません。炭化水素やシクロベンタンという物質を使用しているので、環境にやさしい

です。

冷蔵庫は省エネラベリング制度の対象家電になるので、統一省エネラベルというラベル表示がされています。

省エネラベルで確認してほしいのが、省エネ基準達成率です。省エネ基準をどれくらいクリア出来ているのかの確認ができるので、忘れずに確認をしてください。

省エネ基準達成率の他にも達成率を星の数で示したようなものもあります。☆の数を見るだけで分かりやすいので確認する癖をつけてみてください。

「年間消費電力量」一年間に冷蔵庫が消費する電力量を示した数値になります。数値が低い程省エネ性能に優れていることになります。

「年間の目安電気料金」は年間の電気料金を知ることが出来るので重要だったりします。冷蔵庫の価格が安くても電気代が高いと後々損することになるので、まず初めに確認して見てください。

冷蔵庫は家電の中でも安い買い物ではないので、事前にどういうものが適していて後の満足度につながるのかを、調べておくことをまず忘れないでくださいね。

今更聞きにくい…iPhoneとアンドロイド端末の違いを説明

携帯をiPhoneやそれ以外の端末に買い替えようと思っている時にまず気になるのが、スマートフォンに搭載されているOSの違いになってきます。

iPhoneにはiOSでアップル以外のメーカーでスマートフォンを購入するとAndroid OSが基本的には搭載されています。どちらも携帯電話の使い勝手を優先したOSになります。

同じアプリの場合でもiPhone用とAndroid用のもので分かれていますが、ほとんどのアプリは両方で使用出来るように開発されているので、基本的には心配する必要はありません。

どちらの方が利用者が多いのかで考えると、単独の機種で最も使われている機種はiPhoneになります。困った時などに何か質問をしたい時には、どちらで言えばiPhoneの方が良いかもしれません。

Android端末はウイルスやOSの脆弱性が問題になることがありますが、Androidに比べるとiPhoneはそのようなトラブルは少ない傾向にあります。

Android端末の方がワンセグ、おサイフ機能(電子マネー全般)などの機能は優れているので、携帯に色々な機能がついている方が助かる場合はAndroidの方が良いと思われます。

iPhoneは画面が小さくて見づらい人も多かったのですが、iPhone6からはディスプレイサイズが4.7インチとGalaxyとほぼ同じ大きさになっています。iPhone6PLUSの場合は5.5インチとスマートフォンとタブレッ

トの間位の大きさとなります。

以前まではAndroidのスマートフォンは、機種によっては画面のスクロールがカクカクしていて見づらいということもありましたが、最近の端末ではそのようなことは基本的には無くなりました。

Androidには端末に複数のボタンが付いていることが多いですが、iPhoneにはボタンはホームボタンの一つだけです。カーソルキーや戻る用のボタンもないので、人によっては不便に感じる事も多いみたいです。

iPhoneはFlashを使用しているサイトは基本的には閲覧することが出来ません。意外にFlashを使っているサイトは結構あるので不便だったりもします。

スマートフォンは結構水没してしまい壊れてしまうこともあったりしますが、Androidの端末はどの機種でも防水がされているので安心です。汗などでも故障する場合もあるので、防水は意外に重要だったりもし

ます。

Android端末は機種によりますが、バッテリーの減りが早いものも多かったりしますが、iPhoneはバッテリーの持ちが良いです。ただ、Android端末でもシャープのスマートフォンはバッテリーの持ちが良かった

りします。

Android端末を使っているとSDカードのスロットが付いていることは当たり前に感じますが、iPhoneにはSDカードのスロットが端末にありません。

スマートフォンのケースやカバーを選ぶ時にはiPhoneの方が必然的にたくさんあります。Android端末の場合はメーカーによってモデルがバラバラなので、あった物を探すのに若干苦労することもあります。

iPhoneとAndroidは最近ではそこまでの差がなくなってきていますし、ほとんどの場合はOSの違いで失敗してしまうこともなくなってきています。

それぞれにメリットやデメリットはありますが、携帯電話は自分に合っている物を選ぶことがやっぱり重要かと思います。なんとなくではなく、何が実際に使いやすそうなのか事前にちゃんと調べておいてから

、購入を検討してください。

あまり詳しくないなら必読!ロボット掃除機の失敗しない選び方

ロボット掃除機は本体の側面にあるセンサーが壁や家具などの障害物を自動的に検知するので、ぶつかることなく部屋の掃除をしておいてくれる掃除機です。

あらかじめ設定をしておくと決められた時刻に部屋の掃除を自動的にしておいてくれるので、掃除機をを使う頻度がかなり減ります。場所によってはロボット掃除機だけでも間に合うようになります。

本体下面にあるブラシでゴミをまとめて、中央のブラシで本体にロボット掃除機がゴミを溜めていきます。外出時などに掃除の設定をしておけばとても便利です。

ロボット掃除機には人工知能が搭載されているので、大体の障害物はどけておかなかくても自動的にセンサーが検知します。

センサーによって部屋の情報などを憶えるので、一度通ったルートならちゃんと記憶されています。ゴミやほこりの取りこぼしがないように覚えて場所を自動的に3~4往復します。

新しく障害物が出来ている時には、複数の行動パターンを人工知能がその場で良い方法を考えながら部屋の掃除を行います。

何回か往復をして部屋の掃除が終わると、ロボット掃除機が自動的に充電台のところまで戻っていきます。

ロボット掃除機のセンサーには接触センサーや赤外線センサーといった2種類のセンサーが搭載されていています。

このセンサーが部屋の情報を把握して走行しながら処理することで、家具などの周りや壁のすきまといったところでもすみずみの掃除が可能になります。

最近のモデルでは超音波センサーを搭載している物もあります。センサーに超音波を使用しているので、赤外線センサーでは検知しきることの出来なかったゴミや色の濃い壁などでもしっかり対応出来ます。

ロボット掃除機に掃除をしてもらいたくない場所があった場合には、近づけないように設定することでロボット掃除機の動きを制御することが出来るモデルもあります。

ロボット掃除機を選ぶ際に気をつけてないといけないのが、段差をどれくらいなら乗り越えることが出来るかどうかです。特に、部屋の間などに高い段差がある場合は重要になってきます。

ロボット掃除機の中でも定番なのが、アイロボットのルンバです。ロボット掃除機の中では最も普及しています。

数十以上のセンサーによって部屋の構造を細かく理解して、人工知能が毎秒60以上の状況判断をして40以上のパターンから効率の良い掃除方法を機会が自動的に判断します。

ルンバが立ち入ることができない場所を設定できるバーチャルウォール機能や、複数の部屋を順番に掃除することが出来るライトハウス機能もあるので使い勝手も良いです。

東芝のTORNEO ROBOは準電磁に本体内部のゴミを自動で吸い取ること、本体のゴミ捨ての手間がなく吸引力が持続します。吸い取ったゴミを圧縮するので、ゴミ捨ての回数もとても少ないのでとても便利です。

超音波センサーと赤外線センサーの両方で部屋の細部までの掃除が実現しただけではなく、70以上の行動パターンから効率の良い方法を選んだ掃除が実現出来ます。

シャープのCOCOROBOは毎分最大約16000前後の高速回転のターボファンでゴミを残さず吸引します。約1100回も充電することが出来る長寿命リチウムイオン電池を採用しています。

ココロエンジンという人工知能を搭載していて、音声操作や会話を行うことが出来るのも特徴で、部屋の状況や充電量などにも人工知能が反応することもあります。

ロボット掃除機は最近では種類も増えてきていますが、掃除したい部屋に合った物を選ぶことがやはり重要になってきます。中々安い買い物でもないので下調べをしてから購入を検討するのをおすすめします。

失敗してからでは遅い!後々損しない正しいエアコンの選び方

エアコンを買いたいと一言に言っても、色々と機種があったりして中々どれが取り付けたい部屋に合っているのか、分からないという人も多いと思います。

エアコンの大きく分けると4通りの種類があります。壁掛けや窓用のタイプは定番ですが、床置きタイプの物や業務用などの天井に埋め込まれるような物もあります。

家庭用で最も多くて定番なのが、壁掛け用のエアコンです。知っている人も多いと思いますが、壁掛けタイプのエアコンは室内機と室外機がセットになっています。

家庭用の次に普及しているのが、窓に設置する用のエアコンで、窓枠に設置する事で壁に穴を空ける必要がありません。器用な人だと自分で取り付ける事も可能です。

エアコンの購入を検討している際にまず確認をすることになるのが、設置する部屋の広さに適しているかどうかですが、エアコンの性能の表記には必ず畳数のめやすが載っています。

畳数の目安は「冷房:6~9畳」と表記されている場合が多いです。6と表記されているのが木造住宅の事で、9と表記されているのが鉄筋住宅での部屋の使用のこと表しています。

冷房よりも暖房で使用する方が適用する畳数が少なくなります。余裕をもってエアコンを選びたい場合は、暖房の場合の畳数を目安にすることをおすすめします。

性能表には畳数のめやすの隣に能力(kW)が表記されています。この能力の表記に下には「冷房能力」「暖房能力」の項目があります。

最高能力の数値が高くなると部屋を素早く冷暖房にすることが出来て、最低数値の数値が低くなるほど、より細かいエアコンの運転が出来るようになります。

畳数の目安が同じ物の場合になると、冷暖房の能力の数値に幅があるほどエアコンの能力が高いということになります。

エアコンは月々の電気代にもとても影響してくるので、省エネ性能に優れている物を選ぶことが重要になってきます。

能力だけ見ればいいという訳ではなく、エアコンは消費電力も確認して購入することになる家電です。最近のエアコンはとても省エネになってきています。

エアコンの省エネ性能を比較したい場合には、「省エネ基準達成率」や「エネルギー消費効率」などを確認する必要があります。

省エネ性能を知りたい時には省エネ基準達成率よりも、エネルギー消費効率の数値を調べておくと分かりやすいです。

エネルギー消費効率はAPFという冷暖房を現した数値で知ることが出来ます。一般的なエアコンのAPFの数値は5.0~7.0位といわれています。

エアコンには冷暖房と除湿の機能が備わっていますが、最近のエアコンは多機能化が進んでいてその他にも様々な機能があります。

センサー機能と空気洗浄はほとんどのエアコンで搭載されるようになってきますし、最近では除菌、脱臭や加湿といった空気清浄機に近いような機能も搭載されている物も多いです。

エアコン内のフィルターを自動的に掃除する機能が搭載されている物も多いですし、内部の抗菌やカビの繁殖を極力抑えることもできます。

エアコンを実際に取り付ける前には設置スペースの寸法やコンセントの電圧(V)やアンペア(A)などの確認は絶対にしておくようにしておいてください。室内機の下地補強が必要な場合もあります。

最近のエアコンは様々な機能が搭載されている物も多いですが、設置する部屋に必要な機能はちゃんと搭載されているか確認をすることが重要だと思います。