毎日使う物だからこそ!電動歯ブラシにしておきたい○つの理由

歯ブラシを電動歯ブラシにしてみたいと思っていても、最近は様々な種類のモデルが出ていてどれを選べばいいのかよく分からないと言う人も多いと思います。

歯ブラシは常に使う物なので、自分の使い方に合っている物を選ぶことが後々の満足度につながってきます。音波を採用した物や外出先などの持ち運びやすいさ重視の物まで、様々な種類があります。

ブラシを細かく振動させることによって、歯の表面や奥歯を磨くことが出来るのが振動歯ブラシです。昔からある定番の電動歯ブラシです。

価格帯も他のモデルと比べるととてもリーズナブルな物が多いので、手軽に電動歯ブラシを使用して見たい場合や、あまり性能にこりたくないと言う方にはおすすめです。

音波電動歯ブラシは奥歯や歯間といったところまで、きちんと磨きたい人にはおすすめのモデルです。振動歯ブラシと比較するとより細かくて高速な振動することで、歯の隅々までしっかり磨くことが出来ます。

超音波歯ブラシは口の中のネバつきや汚れをより完全に取り除きたい場合にはおすすめなモデルです。

歯ブラシの毛先に超音波を発生させることで、口内のネバつきや汚れを浮き上がられることで、よりきれいに歯磨きをすることが出来ます。歯周病対策には最も適したモデルとも言えます。

外出先や旅行先で電動歯ブラシを使いたい場合は、携帯ケースやキャップが付いている電動歯ブラシのモデルがあります。

携帯用のケースやキャップが付いている電動歯ブラシは、携帯性にもとても優れていているので、気軽にリュックやバックなどにいれて持ち運びをすることが可能です。

電池式だけではなく最近ではUSBの端子付きの充電アダプターが付属しているモデルもあるので、仕事場やホテルだけではなく移動先でも充電をすることも可能です。

リーズナブル重視で電動歯ブラシを購入するのも悪くないですが、音波を採用した物や外出先などの持ち運びやすいさ重視の物もあります。この3つの理由は押さえた上で購入を検討してみてください。

電動歯ブラシはそれぞれのメーカーが独自で技術などを開発している場合も多いので、メーカー別で機能や特徴が異なる商品でもあります。

フィリップスのソニックケアーは「音波水流」を発生させることで歯間や奥歯の歯垢をより効率よく落として磨くことが可能です。歯だけではなく歯茎もより健康的に保つことができます。

ブラウンのオーラルBは、歯科医院などで使用されている丸形ブラシを採用することで、歯と歯茎の間にもぴったりと合うので、より効果的に歯茎の除去が可能になります。

パナソニックのドルツは、イオン用の極細毛の毛ブラシが歯周ポケットに癒着していることが多かった歯周病の原因菌を、より効率良く除去することが可能になりました。

オムロンのメディクリーンは「極毛スパイラルブラシ」を採用することで、歯の表面についているステインを効果的にかきとることで歯の黄ばみをなくしてより白い歯を実現します。

電動歯ブラシも当然毎日使い続けているとブラシが劣化していくので、定期的に替えブラシを交換しなければなりません。本体と一緒にまとめて替えブラシも購入しておくと便利なのでおすすめです。

電動歯ブラシの効果を持続させるには、個人差はありますが約3か月程度で新しいブラシに交換することをおすすめします。メーカーや機種によって替えブラシの基準が異なる場合もあります。

電動歯ブラシはメーカーによって特色が出やすいだけではなく、替えブラシなどの管理の仕方も異なる場合が多いです。自分の口内環境に合わせて適した物を選ぶことを心掛けてください。